ドレスコードとマナー

大人の女性として、マナーはしっかりと身につけたいものですよね。

服装においても、古来から大切にされているマナーがたくさんあります。

普段着ならば好みの服装を自由に着ても、何の問題もありません。

しかし、結婚式やパーティーなどには、その場に相応しいドレスコードが細かく決まっているものです。

いくら自分好みなドレスだったとしても、ドレスコードに反しているものを、身勝手に着用することはできません。

正しいドレスコードをしっかりと学び、TPOに合わせたドレスを選びましょう。

 

まず、主催者や会場がドレスコードを決めている場合は、そちらに従いましょう。

ドレスコードの記載がなければ、主催者や会場に問い合わせておけば安心です。

そして、特に設定されていない場合でも、最低限の一般的なマナーは守るべきです。

その場の雰囲気に馴染み、目的に合ったドレスを選びましょう。

 

ドレスコードとは、日本語で「服装規定」と訳されます。

つまりは、どのような服装を着て行けば良いのか、というルールのことです。

さほど難しいことではありません。

日常でも、学校や職場などで設けられている場合が多く、誰もが一度はドレスコードの中から服装を選んだ経験があるはずです。

 

ドレスが必要なシーンでは、どのくらいドレスアップ・ドレスダウンして良いのか、基準のランクが定められています。

例えば、フォーマルなドレスコードな場合は、カジュアルな服装では失礼になってしまいます。

逆にカジュアルなドレスコードな場合、あまりきっちりとした正装では、場の雰囲気に合わず浮いてしまうでしょう。

 

シチュエーションに合った正しいドレス選びで、マナーもおしゃれも身につけて楽しみたいですね。