シーンに合わせた選び方

ドレスコードの他に、シーンによって抑えるべきポイントが変わってきます。

目的や場所、雰囲気、季節、立場など、その場に合ったドレスを選びましょう。

 

代表的な例では、冠婚葬祭は特にドレスコードやマナーが重要になってきます。

結婚式や披露宴では、招待状にドレスコードが記載されていることが多いので、きちんと確認しましょう。

また、フォーマルさ以外にも、テーマやカラーの指定など、新郎新婦独自のドレスコードが設けられている場合もあります。

そして、同じ式でも立場によってフォーマルさを調整する必要があります。

新郎新婦の身内として参列する場合、よりフォーマルな服装にするべきです。

近い血縁関係者であるほど、重要になってきます。

一方、一般の招待客はフォーマル過ぎない服装が求められます。

 

演奏会では、音が出る服装は演奏を台無しにしてしまう恐れがあります。

どんなに気をつけていても、ずっと同じ姿勢を保つのは難しいものです。

動いた時に音が出やすい素材や装飾、アクセサリーは止めましょう。

靴も、ヒールで音が目立つようなら、歩く際に注意が必要です。

 

婚活パーティーでは、自分らしさを出してアピールしたいところです。

しかし、張り切り過ぎて、悪目立ちにはならないよう気をつけましょう。

露出が多過ぎるデザインでは下品になってしまい、男性受けも良くありません。

女性らしく、柔らかい印象を与えるものが相応しいでしょう。

 

レストランなど食事がメインの場合は、食後に苦しくならないよう、お腹周りにゆとりがあるデザインが良いでしょう。

 

このように、気をつけるべきマナーやポイントはたくさんあります。

間違ったドレスを選ばないよう、下調べと想像力が大切です。